×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


投資で副業収入

お金に困らない人生を実現させる方法!


自動構築の意味



HOME
 目  次

 投資で資産が増える
 投資とは
 島国の特殊事情
 情報収集は自分のため
 もしかして新型
 キングスレーキャピタル
 ビジネスについて
 自動構築の意味
 感謝のビジネス
 興味があれば
 登録に関すること
 報酬のシュミレーション
 
 
 
 Free ML 登録案内
 資料請求
 紹介ニックネーム
 ⇒
TF1060


 TOP相互リンク募集中
 リンク集
 




 








 凄いらしい情報に出会っているんだけど・・・・・・・・・・・・・・

 いまいち内容がわからないんだよなぁ、って方多いと思うんです。

 なんだか「投資資金」が10倍になるらしい、って聞いたんだけど、そんなこと言われたって、

 急に信じられるもんじゃないし、だいいち、「バイナリ」とか「ワールドステージ」とかって“専門語”

 使われたって、なんのことだか、全然わからないよ、って感じだと思います。

 キングスレーに出会った当初は、私もチンプンカンプンでしたよ・・・

 「キングズレー」というオフショアの投資信託会社が開発したこのIISという仕組みが、

 世界中の「少額投資者」に「国際分散投資」という手法を開放するための仕組みらしい、

 というところまでは何となくわかるかと思いますが・・・・

 「国際分散投資」という手法は、これまで世界のごく一部の富裕層だけが

 その恩恵にあずかってきた投資手法です。

 日本の投資信託会社も「国際分散投資」を扱ってはいますが、

 いかんせん、国際的金融場裏で戦うだけの実力はありませんから、

 ほとんどがオフショアの実力派の投資信託会社が作成している「ファンド」に投資しているだけなんです。

 そういう仲介手数料を差し引かれると、投資者の「配当利益」は、ごくごく常識的な

 “薄まった”ものになってしまいます。

 ところが、このキングズレーのIISは、いわば“現ナマ”の「国際分散投資」の恩恵をダイレクトに

 個人の少額投資者に提供しようとするものです。ですから、中間段階が何もないわけです。

 だからこんな凄い「超高配当」を実現できるわけです。

 そのかわり、親切な「接客窓口」もなければ、懇切丁寧な説明もありません。

 ぶっきらぼう、きわまりないです。

 信じられないという人に、別に信じてもらわなくてもいいわけですから。

 コンピュータの“向こう側”にいるのは、本物の“プロ集団”だけなんです。

 世界中の「少額投資者」とその“プロ集団”の間にあるのは、無機的なコンピュータ画面だけなんです。

 それだけの“超高配当”を受け取ろうとする人は、少なくとも、「投資者」としてリスクを負う心構えと、

 その“プロ集団”と自分の間にある“会話のツール”を理解しなくてはなりません。

 では、その両者の間に介在する“会話のツール”とは何か?

 IISは、世界中の「少額投資者」を組織するために、MLMの手法を採用しました。

 つまりは“ネットワークビジネス”、あるいは単純に“口コミ”です。


 同じ「1口」という言葉を使っても、「バイナリ」と「ワールドステージ」の「1口」が

 同じ意味でつながってはいないからです。

 つまり、「投資の1口」と「1インベスト」は、違うものなんです。

 「投資の1口」は、定価が決まっていて、お金を出して直接買うことができるものです。

 ところが、「1インベスト」の方は、お金を出して直接買うことができないもので、

 定価が決まっていないんです。

 これは、目的地[$1000(=約10万円)]行きの“特別優待列車”に乗り込むための

 切符みたいなものなんです。

 ある条件を満たした人にだけ与えられる“特別優待券”です。

 じゃ、この「(ローカル)・バイナリ」と「ワールド・ステージ」がどういう関係にあるか、

 その2つのバイナリの意味の違いを明確にするために、

 それぞれの「バイナリ」の中の「1口」を次のように区別してみることにします。

 「(ローカル)・バイナリ」の中の「1口」、つまり「投資の1口(=$330)」を、<1投資>ということにします。

 そして「1インベスト」を、(言葉は逆になってしまいますが)、その

 意味を取って<1配当>ということにしてみましょう。

 <1配当>は、$1000という「1配当額面」に対する約束です。

 この<1配当>という商品は、お金を出して直接購入することができません。

 だから<1配当>いくらという価格(単価)は決まっていません。

 直接お金で買えるのは、<1投資>の方です。

 そして、いくつかの<1投資>を買って、いくつかの<1配当>を獲得する権利を構築する、

 というのがこのIISの仕組みなんです。

 そして、「投資金」を募るのは各国の「国内バイナリ」構築で行い、その中で一定の条件を満たした

 「投資資金」から、今度は配当を求めて世界にひとつしかない「世界バイナリ」に飛んでいく、

 ということになります。

 その意味では、「国内バイナリ」が第一段階(ステージ)で、「世界バイナリ」が第二段階(ステージ)

 という段階の違いのようにも見えます。

 しかし、この二つのバイナリが果たす機能を考えると、その違いは段階の違いというよりは、

 むしろ、目的がまったく逆であることがわかります。

 機能としては「国内バイナリ」は「投資資金」を募(つの)るための“投資バイナリ”であり、

 「世界バイナリ」は、「配当金」分配するための“配当バイナリ”と理解することができます。

 このIIS(国際投資システム)では、“投資バイナリ”が主として各国国内で構築されるので、

 これを「(ローカル)バイナリ」と呼ぶこともできます。

 一方、“配当バイナリ”は、世界で自動構築されるので「ワールド・バイナリ」と呼ぶこともできますが、

 IISの言い方では、これを「ワールド・ステージ」と呼んでいる、ということです。

 ここまでをまとめると、キングズレーのIIS(国際投資システム)には、

 「(ローカル)バイナリ」「ワールド・ステージ」という、目的も機能も、構築 方法もまったく異なる

 2つのバイナリ・ネットワークがあるということです。

 つまり、「ワールド・ステージ」というのは、「ローカル・バイナリ」で資格を得て“飛んできた”

 <1配当>を「自動構築」して行く場所ということです。

 「自動構築」とは、コンピュータで機械的に"上から下"に"左から右"に配置していくということです。







資料請求

紹介ニックネーム
 ⇒TF1060



[BACK]   [NEXT]